漆の抗菌効果、抗ウイルス効果について

更新日:6月3日

令和3年度に、経済産業省と(一財)伝統的工芸品産業振興協会、漆関係業界団体の代表者、有識者などで構成される、「漆」を起点とした伝統的工芸品のさらなる振興のため、抗菌・抗ウイルスの検証や全国統一の機能性に関するPR、新たな商機獲得を目的に「うるし振興研究会」が日本漆器協同組合連合会が事務局となり設置されました。この研究会で取り組んできた、漆の抗菌性などについての検証結果がこのたび発表されました。

食中毒に起因する4種類の菌での抗菌性を検証した結果、非常に有効であることが改めて分かりました。 更には、抗ウイルス(SARS-CoV-2)性についても、24時間後には約99.7%が不活性化(死滅)することが分かりました。

世の中にはたくさんの抗ウイルス製品はあるのですが、漆は自然素材であることがポイントです!

日常生活の中では十分な安心感をもたらしてくれることでしょう!


1年経過以降も引き続き検証を行っていきます。


>>下記のチラシをPDFファイルでご覧いただけます


閲覧数:223回0件のコメント