ウェブで簡単ふるさと納税さとふる
クリック用バナー.jpg

うるしの里会館

うるしの里会館観覧時間:午前9時~午後5時

毎月第四火曜日休館(休館日が祝日の場合は営業し、翌日に休館いたします。)

展示見学
漆器の製造工程や歴史資料、越前漆器の取り組みについて見学できます。
職人工房
伝統工芸士による漆器づくり実演をご覧いただけます。
ミュージアムショップ
ショップ内で展示販売している商品は1,000種類以上。
材質や塗材の表示をしており、安心してお求めいただけます。
漆器のワークショップ
絵付け・沈金・拭き漆の体験ができます。※要予約
越前塗山車
越前漆器の職人により、下地から最終工程までの作業を行った越前塗山車をご覧いただけます。
軽喫茶椀椀
漆の器で食事をお楽しみいただけます。
地元で生産された「山うに」や「桑茶」の販売も行っています。
河和田デジタル工房
3Dプリンター、切削加工機を利用した造形物の制作ができます。
※要予約
営業時間:平日 午前10時~午後5時
貸館利用
研修やイベント等に利用できる部屋をご用意しております。
※要予約
もっと見る

越前漆器のこと

越前漆器は生産工程に大きな特徴があります。

それは産地全体で分業体制が確立しており、素地づくり、塗り、加飾などさまざまな工程の作業を専門家していることです。これが美しさ、堅牢さなど品質の安定と、高い生産能力につながっています。

 

また伝統的な木製の漆器だけでなく、合成樹脂素材や化学塗料を使い、より安価で丈夫な商品を消費者に提供することも積極的に取り組んでいます。

現在、外食分野で使われる漆器の大半は合成樹脂でできていますが、その8~9割は越前漆器の産地で生産されています。

越前漆器協同組合について

伝統技法による木製漆塗りの漆器から、業務用漆器をはじめとした樹脂製品の現代手法を利用して製造されたものまで、多様化する時代の変化に対応できる産地組合として皆様にお役に立つよう努力しています。
伝統技術を大切に守りながら、それをベースに、伝統技術を生かし、時代のニーズに合った漆器づくりを柱として指導、育成にあたっています。

越前漆器展覧会の開催
越前漆器の職人たちがつくった漆器が展示されます。
高い技術の継承を目指し毎年開催されています。
学校給食用食器
鯖江市の全ての小学校へ当組合の食器が導入されています。平成13年度より研究開発を重ね、食器洗浄器、消毒保管庫に対応する木製漆塗椀を完成させました。
山車の漆塗り
国内の様々な地域で行われている祭り用の山車に対して漆塗りを行っています。
また、企業や施設のエントランスホールなどに設置できる装飾用の小型山車も製造し納品しています。
展示会の出展・需要開拓
インターナショナル・ギフトショーや国際ホテルレストランショーなどに出展を行っています。
新製品の展示を行うことにより新規市場の開拓、新規顧客開拓を行っています。
もっと見る

アクセス(うるしの里会館)

〒916-1221

福井県鯖江市西袋町40-1-2 

Google Mapsで開く

 

 

TEL 0778-65-2727

FAX 0778-65-0550

info1@echizen.or.jp

 

 

観覧時間 午前9時~午後5時

毎月第4火曜日休館

(休館日が祝日の場合は翌日休館)

​年末年始12月29日~翌年1月3日休館 

お問い合わせ

Copyright©2016越前漆器協同組合

 All Rights Reserved.

Follow Us:

  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon